FC2ブログ

大好きな妻への想いや生活をつづってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒しの場所 2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

癒しの場所

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

愛妻の写真の掲載の在り方(非エロ)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

撮らせてくれて

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ブログとツイッター(わいせつ電磁媒体陳列法を考える)非エロ記事

暑い日が続くことで、身体も気持ちも疲れやすいこの頃。

皆さんも同じことと思うし、我が家についても、蓮も怜も、それに加え、仕事や育児のストレスでお互いにイライラしやくなっては、口喧嘩になってしまうこともしばしばですが、それでも翌日には、お互いに歩み寄るようにして仲良く過ごしています。


さて、久しぶりのブログの更新。

思い起こせば、改めて、妻、怜を想う気持ちをつづるために再会したブログ。ツイッターも併用し上手く使い分けしながらやっていこうと思いましたが、記事の履歴の通り、前回の記事は桜が咲く前の記事であり、1シーズン以上更新しない結果となってしまったわけです。


ツイッターでは本当につらかった経験もありましたが、今はフォロワーさんとも楽しく、日々の妻談義を冗談を言いながら、たのしませてもらっています。


さて、そもそもツイッターとブログを始めた理由は

「自分と同じように特定のパートナーを好きで好きでたまらない」といった方たちと想いを共感することであり、そこにいわゆる「大切な人との営み」を載せて共感しあいたいという考えからでした。

ブログを始めて行ったころは、いわゆる、「エログのブロガーさん」がたくさんいました。ところが「わいせつ電磁的媒体陳列法」によって、ブロガーが逮捕されるなどの経過があり、これをきっかけに「ブログ離れ」が増えたわけで。自分もブログから離れた、その一人でした。


しばらくして、ツイッターでも、いわゆる「裏垢」という存在を知り、その利用者の多さと、文字制限の利用のしやすさから、ツイッターに移行したのが、自分でした。

その時に驚いたことは、「いわゆる無修正の多さ」とブログと違って、ユーザーによっては「フォロワーの数のが半端ない多さ」でした。それは、自分とつながりが極めて薄い人たちも自分のツイートを観ている事実。その薄い人がきっかけでリツイート等で横に拡散することでした。


そんなこともあり、ツイッターについては「鍵垢」とし、これらの危険を回避するためにやってきたところであり、ブログの更新のころと同様の感覚でやっていました。

ただそこには、落とし穴もあり、「いいね」機能から結果的に鍵付きであっても漏洩してしまうということでした。


ブログを初めて開設したころから、お世話になっている方がおり、その方からアドバイスをいただきました。

「そもそも、お二人での営みの絵とは、パートナーを大事に想うのであれば、こっそり、自分自身やパートナーと一緒にこっそり楽しむべき二人の共有した時間の絵であり、日常と非日常のギャップを再び、二人で確認しながら愛を確かめあうもの」(教えていただいた○さん、だいぶ、自分が感じた言葉を付け加えてしまいましたが、こういう意味合いだったと思っています。)であり、または、信用できる人と、こっそり、行うべきことではないかと教えてくれました。

また掲載にあたっては、パートナーの気持ちを理解し、納得を得てからあげるべきことということも改めて、アドバイスをもらいました。


「自分の大事な人を守るために必要なこと」と想う一方で、それでも「自分の愛で方、美しいパートナーを見せたい」という想い。が今も混在してます。


そんな想いから、再度、SNSでの「妻との生活」の掲載について考えることとし、ふたたび、ブログの扉を開けることとしました。


基本的にはツイッターがメインになるかと思いますが、ツイッター、ブロガーという違うSNSならではの信頼形成のプロセスがあると思いますので、出会いを大切にしていきたい気持ちは一緒です。


改めて、これからも仲良くしていただければと思います。


プロフィール

towanithikaukimito13

Author:towanithikaukimito13
夫、蓮42歳、妻、怜46歳の夫婦の僕たちです。
妻フェチの蓮が怜への想いをつづっています。
パートナーを大事にしているからこそ、同じ想いを持つ方々とつながりたい。想いを共感したいことからブログを再開しております。
どうぞ、よろしくお願いします。
TwitterID @ren10rey8913 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。